飼いやすくて綺麗な熱帯魚!グッピーの特徴と飼育・繁殖方法を紹介!!

2019年3月12日

グッピーは熱帯魚の中でも人気の魚です。飼育が簡単で繁殖させることもできるので、アクアリウム初心者の方にもオススメです。今回の記事では、グッピーの飼育方法について紹介します。

 

グッピーは見た目も綺麗で飼育も簡単なので、とても人気の高い熱帯魚です。

 

簡単に繁殖することもできるので、品種改良が盛んに行われていて、たくさんの種類のグッピーがいます。

 

初心者の方でも飼育環境を整えれば、簡単に繁殖させることもできるので、繁殖に挑戦してみたい方にもオススメの熱帯魚です。

 

今回の記事ではグッピーの飼育方法を紹介するので、グッピーを飼ってみたい方はぜひ読んでみてください。

 

 

 

 

グッピーとは

 

グッピーは世界中で人気の熱帯魚で、日本での人気も高いので、アクアリウムをやったことがない方でも知っていると思います。

 

体も丈夫で繁殖も簡単なので、アクアリウム初心者の方でも飼育から繁殖まで、楽しむことができます。

 

オスは非常に綺麗なので、世界中にグッピー愛好家がいて、品種改良が盛んに行われています。

 

品種改良が盛んに行われているので、種類が豊富で、たくさんのグッピーが日本でも流通しています。

 

種類や個体によって、模様や色、ヒレの大きさが違うので、コレクション性が高く、初心者の方でもブリーディングを楽しむことができます。

 

また、グッピーには外国産と国産のものがいます。初めてグッピーを飼育するなら国産のものを選ぶのがいいと思います。

 

グッピーは繁殖されている場所によって外国産と国産に別けられます。

 

外国産おグッピーは空輸されるので、その間に弱ってしまったり、病気になっていることがあります。

 

病気のグッピーを水槽に入れると、他のグッピーにも感染ってしまうので、空輸の必要がない国内産のグッピーがオススメです。

 

また、国内産のグッピーは日本の水にも慣れているので、水質の違いによってストレスを感じることがありません。

 

国内産のグッピーの方が値段が高いんですが、安全に飼育することを考えるなら少し高くても国内産を飼育するのがいいと思います。

 

 

 

グッピーの飼育に必要なもの

 

 

グッピーを飼育するために必要な道具を紹介します。

 

 

水槽

 

グッピーはサイズも小さいので小さい水槽で飼育することができます。

 

30cm水槽のキューブ水槽であれば25匹ぐらいまで飼育することができます。

 

グッピーは繁殖力がすごいので、繁殖をさせる場合は30cm水槽だとすぐに手狭になってしまいます。なので、60cm水槽がオススメです。

 

60cm水槽であれば最大で60匹ぐらいまで飼育することができます。

 

最初にたくさん入れると水質も悪化しやすいし、繁殖した時に飼いきれなくなるので、初めは沢山入れないで、少しから飼育を始めるのがいいと思います。

 

 

 

ヒーター・クーラー

 

グッピーの適温は25度前後なので、飼育する場合はヒーターが必要になります。

 

 

また、夏場に水温が高くなりすぎる場合は水槽用のクーラーか冷却ファンが必要になります。

 

ヒーターはサーモスタットをつけて温度を設定できるようにするのがいいと思います。

 

グッピーが病気になった時は水温を少し上げて代謝を良くする治療法があります。病気になった時に対応することができるようにサーモスタットも用意しておきましょう。

 

水槽には水温計を設置して水温が上がりすぎたり下りすぎたりしないように注意しましょう。

 

 

 

濾過フィルター

 

 

グッピーを飼育すると場合はどんなフィルターでもいいと思います。

 

オススメはスポンジフィルターか外掛け式フィルターです。

 

スポンジフィルターは金額も少なく、稚魚が生まれても吸い込まないので、繁殖させる場合も使いやすいです。ただ、エアレーションを使うので音が少しうるさいです。

 

外掛けフィルターも値段が安くて使いやすのでオススメです。

 

グッピーは強い水流を好まないので、外部フィルターなど水圧が強いフィルターを設置する時は水流が強くならないよにしましょう。

 

 

 

底砂

 

 

底砂を敷かないでも飼育することができますが、見た目もよくなるし、底砂にバクテリアが繁殖して水質が安定しやすくなるので、敷いておくのがいいと思います。

 

国産のグッピーは弱酸性の水質を好み、外国産はアルカリ性を好むと言われています。底砂によっては水質を弱酸性やアルカリ性に傾けるものがあります。

 

 

グッピーは水質の変化にも強いので、そんなに気にしなくても大丈夫ですが、ソイルを使うと水質が弱酸性にかなり傾いてしまうので、ソイルは入れない方がいいと思います。

 

底砂は掃除が楽な砂利系のものがいいとおもいます。

 

 

 

水草

 

入れなくても飼育することができますが、自然に近い環境の方がグッピーにもストレスがないので、入れておくのがいいと思います。

 

グッピーはソイルとの相性が悪いので、水草はソイルを入れなくても育てられるものを選びましょう。

 

水草はウィローモスがオススメです。ウィローモスを丸めて入れておくと稚魚の隠れ家にもなるので、稚魚の生存率も上がります。

 

 

 

照明

 

 

なくてもいいですがあった方が綺麗です。

 

照明があると水草も育ちやすいし病気なども見つけやすくなるのでできれば設置しておくのがいいと思います。

 

 

グッピーの飼育方法

 

水槽を立ち上げたら1週間ぐらいフィルターを回しておきましょう。

 

水槽の準備が終わったら水合わせをして水槽に移してください。

 

餌は1日に2回、食べ残しがないように少量与えるようにしましょう。餌を与えすぎて食べ残しが出ると水質が悪化する原因になるので注意してください。

 

水換えは1週間に1回ぐらいで問題ありません。水槽の3分の1ぐらいの水を抜いて、カルキ抜きをした水を足しましょう。

 

グッピーの量が少ない場合はそれほど水も汚れないので、5分の1ぐらいを交換した方が水質が安定します。