ゴールデンドワーフグラミーを飼おう!!特徴と飼育方法を紹介!!

2019年3月12日


ゴールデンハニードワーフグラミーは4cm程度までしか成長しない小型のグラミーです。飼育することも簡単で、体色も綺麗なので人気の高い熱帯魚です。今回の記事ではゴールデンハニードワーフグラミーの特徴と飼育方法を紹介します。

[ad#co-1]

 

ゴールデンハニードワーフグラミーは熱帯魚の中でも丈夫で飼いやすいので、初心者の方にもオススメの熱帯魚です。

 

ラビリンス器官というのが付いているので、空気中から直接酸素を取り込むことができるので、二酸化炭素を添加している水草水槽とも相性がいいです。

 

体色も綺麗で見栄えもいいので、綺麗な水草水槽を作りたい方にもオススメです。

 

今回の記事ではゴールデンハニードワーフグラミーの特徴と飼育方法を紹介するので、飼ってみたいと思う方はぜひ読んでみてください。

 

 

 

ゴールデンハニードワーフグラミーとは

ゴールデンハニードワーフグラミーは4cm程度までしか成長しない小型のグラミーです。

 

黄色やオレンジ色への綺麗なグラデーションがあり、とても美しい熱帯魚です。非常に丈夫な熱帯魚で、寿命も5年と長いのでしっかりと飼い込むことができます。

 

性格も温厚な種類なので、ネオンテトラなどの小型の熱帯魚とも混泳させることができます。

 

繁殖させることも簡単なので、ちゃんと餌を用意してあげられれば、初心者の方でも簡単に繁殖をすることができます。

 

値段も安く1匹400円程度で販売されているので、初心者の方でも飼いやすいと思います。

 

 

 

ゴールデンハニードワーフグラミーの飼育方法

 

 

ゴールデンハニードワーフグラミーは体の丈夫な種類の熱帯魚ですが、パロットフィシュにできるほど丈夫ではないので、飼育する場合はパロットフィシュを入れて、しっかり水槽を立ち上げてから飼育するようにしましょう。

 

また、水温が急激に変わると体調が悪くなって白点病になってしまうことがあります。なので、導入時は点滴法でしっかりと水合わせをするようにしましょう。

 

小型の種類なので、水槽は30cm水槽で飼育することができます。グラミーを数匹混泳させる場合は30cm水槽では手狭になってしまうので、混泳させる場合は少し大きめの水槽を選ぶのがいいと思います。

 

フィルターはどんなものでもいいですが、水草水槽を作る場合で、co2を添加するのであれば、co2が抜けにくい外部フィルターがオススメです。

 

ただ、水流が強い環境を好まないので、外部フィルターを使う場合は水流が強くならないように注意してください。

 

水槽の中には流木や浮き草などを入れて隠れ家を作ってあげれると落ち着くことができるので、流木や浮き草を入れておきましょう。

 

 

 

ゴールデンハニードワーフグラミーの餌

 

 

 

ゴールデンハニードワーフグラミーはなんでもよく食べます。

 

ただ、口が小さいので粒の大きな餌は食べることができません。なので、グッピー用などの粒の小さい浮上性の餌を与えるようにしましょう。

 

より発色を良くしたい場合は栄養価の高い冷凍のアカムシやブラインシュリンプなどを与えるのがいいと思います。

 

ただ、餌を食べるのが下手なので、他の熱帯魚と混泳させていると餌が食べれないこともあるので、注意してください。

 

 

 

ゴールデンハニードワーフグラミーの混泳について

 

 

 

ゴールデンハニードワーフグラミーはグラミーの中でも混泳向きの熱帯魚です。

 

ただ、サイズの小さいエビを食べてしまうことがあるので、エビと混泳させる場合はエビが隠れられる場所を多めに作ってあげてください。

 

同種同士だと喧嘩をしてしまうこともあるので、同種同士で混泳させるときは小競り合いがおきていないかよく観察しておきましょう。

 

おとなしい小型の魚であれば混泳させることができるので、最初はおとなしい小型の熱帯魚と混泳させるのがいいと思います。