ドワーフグラミーは飼育が簡単!!ドワーフグラミーの種類について紹介!!

2018年8月2日

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

ドワーフグラミーは熱帯魚の中でも小型で、体色も綺麗なので、観賞魚として人気の高い熱帯魚です。今回の記事では、ドワーフグラミーの種類について紹介します。

 

ドワーフグラミーは熱帯魚の中でも人気の高い魚で、体も丈夫で飼育も簡単なので初心者でも簡単に飼育することが出来ます。

 

種類も豊富で様々な体色のドワーフグラミーがいるので、飼おうと思っても何のドワーフグラミーを飼育すればいいか迷いますよね。

 

今回の記事ではドワーフグラミーの種類について紹介しするので、ドワーフグラミーを飼ってみようと思う方はぜひ読んでみてください。

 

 

 

ドワーフグラミーはどんな魚?

 

 

 

ドワーフグラミーはインドやバングラデシュなどに生息している熱帯魚です。

 

ペットとして人気が高く、飼育も簡単で繁殖も簡単に行うことができるので、品種改良も盛んな熱帯魚です。品種改良が盛んに行われているので、野生には生息していない改良品種も多く流通しています。

 

繁殖させることもできるので、飼育から繁殖まで楽しむことが出来ます。品種改良も盛んに行われているので、種類も豊富でオススメの熱帯魚です。体色も鮮やかなので水槽内でもとても映えるので、綺麗な水草を作ることができます。

 

 

 

ゴールデンハニードワーフグラミー


(熱帯魚) ゴールデンハニー・ドワーフグラミー(3匹) 本州・四国限定[生体]
ゴールデンハニードワーフグラミーは鮮やかな黄色がとても美しい熱帯魚です。

 

体長は4cmほどまでしか成長しないので、他のドワーフグラミーに比べて小型で飼育がしやすい種類です。

 

繁殖期のオスは気性が激しくなることもありますが、他のドワーフグラミーに比べて性格も温厚なので、混泳させることもできます。

 

飼育がしやすくて性格も温厚なので、ドワーフグラミーの中でも人気の高い種類です。

 

 

 

ネオンドワーフグラミー


ネオンドワーフグラミー (約5cm)<1ペア>[生体]
ネオンドワーフグラミーはブルーとオレンジの模様が綺麗なグラミーです。体長は6cm程度までしか成長しない小型の種類で、性格も大人しいので、飼育も簡単です。

 

品種改良された種類で、原種よりもブルーの面積が多いのがネオンドワーフグラミーです。

 

値段も安くて1匹600円程度で販売されています。飼育も簡単で繁殖も比較的簡単に行うことができるのでオススメです。

 

 

 

コバルトドワーフグラミー


(熱帯魚) コバルトブルー・ドワーフグラミー(オス)(1匹) 本州・四国限定[生体]
コバルトドワーフグラミーも品種改良された種類で、全身がメタリックブルーのとても鮮やかな色をしています。こちらも品種改良された種類で、ネオンドワーフグラミーよりもさらにブルーの面積が広い種類です。

 

とても鮮やかな種類なので、人気も高く値段も1匹1000円程度と他のドワーフグラミーに比べて高めです。

 

 

 

サンセットドワーフグラミー


(熱帯魚) サンセット・ドワーフグラミー(1ペア) 本州・四国限定[生体]
サンセットドワーフグラミーも品種改良された種類でコバルトドワーフグラミーなどとは逆で、オレンジの面積を増えるように品種改良された種類です。

 

ヒレに少しブルーが残っていますが、全身オレンジ色をしている綺麗なドワーフグラミーです。値段も比較的安くて、ペアで800円程度で販売されています。

 

 

 

ドワーフグラミー


ドワーフグラミー (約5cm)<1ペア>[生体]
紹介したドワーフグラミーの原種です。品種改良されたドワーフグラミーも美しいですが、原種のドワーフグラミーも綺麗なのでオススメです。

 

ブルーとオレンジの縞模様が入っていて、体色も鮮やかです。繁殖も盛んに行われているので、流通量も多く値段も安いのでオススメです。

 

1匹300円程度で販売されています。繁殖も比較的簡単に行うことができるので、飼育に慣れてきたは繁殖に挑戦してみるのがいいと思います。

 

 

 

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!