アカヒレは体が丈夫で飼いやすい!アカヒレの飼育方法について紹介!!

2019年3月12日

アカヒレは飼育が簡単なので、アクアリウムを始めたばかりの方にオススメの魚です。水槽を立ち上げた時のパロットフィシュにも使われる魚です。今回の記事ではアカヒレの飼育方法を紹介します。

 

 

アカヒレは高水温、底水温、水質の変化、酸欠全てに強い魚です。

 

体が丈夫で、飼育がとても簡単なので、水槽を立ち上げた時のパロットフィシュとしても人気の魚です。

 

アカヒレは販売されている熱帯魚の中でも、最も強いと言われていて、簡単に飼育することができます。

 

アクアリウムをこれから始めようと思う方で、ちゃんと熱帯魚を育てられるか心配な方はアカヒレの飼育から初めるのがいいと思います。

 

今回の記事ではアカヒレの飼育方法を紹介するので、アカヒレを飼ってみたいと思う方はぜひ読んでみてください。

 

 

 

 

アカヒレの特徴

アカヒレの最大の特徴は体の丈夫さです。

 

アカヒレは熱帯魚の中で最も体が強く、水温の変化にも水質の変化にも強く、水温が10度を下回っていても問題なく飼育することができます。

 

熱帯魚を飼育する場合は冬場はヒーター、夏場はクーラーが必要ですが、ヒーターもクーラーも用意しなくても飼育することができます。

 

 

水質も弱酸性から弱アルカリ性まで適応するので、水質の管理もシビアに行う必要がありません。

 

 

メダカも保温器具は必要なく簡単に飼育することができますが、アカヒレの方が飼育が簡単です。

 

 

寿命は3年ぐらいで、体長は4cm程度まで成長します。中層〜上層を遊泳する魚などで小型のプレコやコリドラスとの相性もいいです。

アカヒレの必要なもの

 

アカヒレは水槽とフィルターがあれば飼育することができます。ただ、繁殖を目指す場合はウィローモスなどの水草が必要になります。

 

また、安全に飼育する場合は水温を15度ぐらいにまで上げる必要があるので、ヒーターを用意するのがいいと思います。

 

 

 

水槽

アカヒレはメダカ同様ボトルアクアリウムや屋外でのビオトープでも飼育することができます。

 

ただ、これからアクアリウムを始めようと思う方は管理も楽で、比較的水質も安定する30cm水槽で飼育するのがいいと思います。

 

 

30cmのキューブ水槽であれば見た目も綺麗なのでオススメです。

 

 

 

濾過フィルター

濾過フィルターはどんなものでも構いません。

 

なるべくお金をかけたくない場合は外掛けフィルターがいいと思います。水草水槽を作ってアカヒレを飼育する場合は外掛けフィルターがオススメです。

 

 

 

水草

アカヒレを繁殖させない場合は水草は必要ありませんが、アカヒレを繁殖させる場合は水草を入れておきましょう。

 

水草は簡単に育てられるウィローモスがオススメです。

 

アカヒレは卵があるとなんでも食べてしまいます。なので、何も入れていないと卵が全部食べられてしまうので、ウィローモスなどの水草が必要です。

 

アカヒレを繁殖させるときは、ウィローモスを丸めて、ウィローモスの奥までアカヒレが入れないようにしておくと卵が孵化してアカヒレが生まれてきます。

 

 

 

ヒーター

なくても飼育することができますが、ヒーターがあった方がアカヒレを安全に飼育することができます。

 

アカヒレは10度以下になっても問題なく飼育することができますが、食欲が落ちて動かなくなります。

 

適温は15〜25度ぐらいと言われているので、安全に飼育するにはヒーターを使って15度以上にしておくのがいいと思います。

 

 

 

照明

水草を育てる場合は照明があった方がいいと思います。

 

照明は1日10時間ぐらいつけておけば、ウィローモスも成長します。これ以上成長させたくないと思ったら、照明をつけないようにするとウィローモスの成長が遅くなります。

 

 

 

砂利

砂利がなくても飼育することができますが、砂利を敷いておくと見た目も良くて、砂利にバクテリアが繁殖するので、水質も安定しやすくなるので敷いておくのがいいと思います。

 

 

 

カルキ抜き

絶対に必要なわけではありませんが、簡単にカルキを抜くことができるので持っておくのがいいと思います。

 

 

アカヒレの飼育方法

 

 

アカヒレに限らず熱帯魚を飼育するときは、直射日光が当たらず、水温があまり変化しない場所に設置しましょう。

 

エアコンの風が当たる場所だと水温が変化してしまうので、エアコンの風にも注意してください。

 

通常の方法で水槽を立ち上げて2〜3日ぐらいしたらアカヒレを水槽に入れることができます。30cm水槽であれば5匹ぐらいアカヒレを飼育することができます。

 

 

餌はアカヒレ用の人工餌が販売されています。他にはグッピーなどの餌も食べるので、そういったものを使うのもいいと思います。

 

アカヒレを水槽に移したばかりだと警戒して餌を食べないので、1〜2日ぐらいそっとしてから餌を与えましょう。

 

 

餌は1分ぐらいで食べきれる量を1日に1回与えるようにしてください。

 

あとは週に1度水換えをしておけば問題なく飼育することができます。