アカヒレを飼おう!!ゴールデンアカヒレなどのアカヒレの種類を紹介!!

2019年3月12日

アカヒレは体が丈夫で飼育も簡単なので、人気の高い熱帯魚です。一言にアカヒレと言ってもいくつか種類があります。今回の記事では、アカヒレの種類について紹介します。

[ad#co-1]

 

アカヒレは熱帯魚の中でも最も飼育が簡単な種類なので、初心者の方でも飼いやすくパロットフィッシュとして、飼育されることが多いです。

 

アカヒレは種類も豊富で、中には見た目の綺麗なアカヒレもいます。体も丈夫で飼育も簡単で見た目も綺麗なので、ペットとしてとても人気があります。

 

今回の記事では、アカヒレの種類について紹介するので、アカヒレを飼ってみようと思う方はぜひ読んでみてください。

 

 

 

アカヒレとは

 

 

 

アカヒレはメダカによく似ている魚ですが中国が原産のコイの仲間です。

 

名前の通り尾ヒレと背ヒレの付け根が赤くなっている魚です。体にはブルーのラインが入っていてとても綺麗な魚です。

 

アカヒレは小型で美しい種類ですが、温帯に生息している魚で低温にも強いので、ヒーターがなくても飼育することができます。値段も安く、1匹100円程度で販売されていて、飼育も簡単なので、アクアリウムの入門種としても人気の魚です。

 

熱帯魚の中でもトップレベルに体の丈夫な魚なので、水槽を立ち上げたときのパロットフィッシュとして飼われることが多いです。水温の変化や水質の変化に強くて、簡単なことでは病気になったりすることもないので、初心者の方にとてもオススメの熱帯魚です。

 

 

 

ゴールデン・アカヒレ

ゴールデンアカヒレは通常のアカヒレに続いてポピュラーな種類で昔から人気の高い魚です。

 

黄色い体に赤い尾ビレが特徴の魚で、通常のアカヒレにはない雰囲気があります。ライトのあたり方によって瞳が青く輝きます。

 

通常のアカヒレと同様に低温にも強くて飼育も簡単で値段も安いので、通常のアカヒレ同様に入門種として人気が高いです。見た目も綺麗なアカヒレなので、通常のアカヒレを一緒に飼育するのもいいと思います。

 

 

 

カージナル・アカヒレ ロングフィン

ロングフィンアカヒレやカージナルアカヒレと呼ばれています。通常のアカヒレに比べてヒレが長くて色彩も違います。

 

ロングフィンタイプにはドイツやヨーロッパでブリードされたタイプと通常のアカヒレのロングフィンバージョンがいます。ブリードされたタイプだと色彩が違いますが、アカヒレのロングフィンバージョンだと通常のアカヒレと同じ色彩をしています。

 

通常のアカヒレに比べて流通量が少ないので、値段が高く1匹500円ぐらいで販売されていることが多いです。

 

通常のアカヒレやゴールデンアカヒレに比べて、値段は高いですが、ほかの熱帯魚に比べて高額ではないので飼いやすいと思います。

 

個体によっては値段が高いこともあるので、色々な種類を見てみるのも楽しいと思います。

 

 

 

ベトナム・アカヒレ

ベトナムアカヒレは名前の通りベトナムが原産のアカヒレです。ヒレが大きくて綺麗な種類で、体には黒いラインが入っています。

 

サイズは小さく、通常のアカヒレに比べてひと回りぐらい小さいです。通常のアカヒレに比べて低温に弱い種類なので、飼育する場合はヒーターを使って20度以上にしておきましょう。

 

値段は200〜700円ぐらい販売されていることが多いです。発見されたのが最近の種類で、日本に輸入されたのも2003年と最近なので、珍しいアカヒレを飼って見たい方にオススメです。