*

水槽に水カビが!水槽内に水カビが発生してしまった時の正しい対処法を紹介!!

公開日: : 最終更新日:2017/04/30 未分類

Pocket

水カビ

水カビが出てしまうと大変ですよね。水カビの原因のほとんどは新しく入れた流木か餌の食べ残しです。水カビをほっておくと水槽の中で水カビ病が蔓延してしまいます。今回の記事では、水カビが発生してしまった時の正しい対処法を紹介します。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

アクアリウムをやっている人の中には、気づくと飼っている魚が水カビ病になっていた、水槽の中にカビが浮いている、流木にカビが生えているって経験がある人も多いと思います。

 

 

水カビが発生すると、ケンカなどをしてケガしている魚などは、水カビ病にかかってしまいます。水カビ病にかかってしまうと、傷口に白い綿のような物が付着します。

 

 

そんなに大変な病気でもないのですが、しっかり取り除いて消毒してあげないと、いずれ体中に水カビが付着して弱って死んでしまいます。

 

水カビ病にならないためには、水槽内に水カビを発生させないことが大切です。水槽内で水カビが発生しなければ、飼っている魚が水カビ病になることはありません。

 

今回の記事では、水槽内で水カビが発生したときに、水カビ病を蔓延させないための、正しい対処法を紹介します。水槽内で水カビを発見してしまった人はぜひ試してみてください。

 

 

 

1、水カビを取る

 

 

 

まず、水カビを発見したら、水カビを全部取り除きましょう。

 

水カビは、有機物を餌にして繁殖します。なので、餌の食べ残しや糞などを餌に繁殖します。水カビは主に、水槽の底に溜まっていたり、水面に浮いていたり、流木にくっついていたりします。

 

 

流木に水カビが付いていたら、流木を水槽から出してください。流木の中にも有機物が含まれているので、水カビは流木にもよく付いていることがあります。

 

白い綿のようなものが流木に付いていないか、白くて半透明な丸い綿のようなものが、水面や水槽の底にないかチェックしてみてください。

 

 

もし水カビを発見したら、飼っている魚にも白い綿のような物が付いていないか確認してみてください。魚にも水カビが付いていた場合には、ピンセットを使って取り除いて、消毒して上げてください。

 

水カビを排除することができたら、次は、水カビが発生しないようにしましょう。

 

 

 

 

2、水カビを発生させないようにする

 

 

 

水カビを発生させないようにするために大切なのは

 

・餌の量を減らす
・糞をマメに掃除する
・流木のあく抜きをする

 

の3つです。

 

 

与えている餌の量が多かったり、いつまでも水槽の中に糞が残っていると、有機物が豊富な状態になってしまうので、カビが発生しやすくなります。

 

水槽の底や水面に丸い水カビが発生する人は餌の与えすぎか、糞の掃除をしていないことが原因です。糞の掃除が面倒くさいって思う人は、プロホースを使えば簡単に掃除することができます。

 

 

また、拾ってきた流木を水槽に入れたり、アクアリウム用じゃない流木を水槽に入れると、水カビが発生することがあります。流木の中の灰汁が水カビの餌になってしまいうので、あく抜きをしないと水カビが発生してしまいます。

 

 

アクアリウム用の流木なら、あく抜きがしてあるので水カビが発生することもありませんが、ちゃんとあく抜きがされていない流木を水槽に入れること、水カビが発生することがあります。

 

流木に水カビが付いていた場合は、水槽から1度流木をだして、水カビが付いている部分をいらなくなった歯ブラシで磨いてください。

 

磨き終わったら、水槽には戻さず1度バケツに水をためて、そこに流木を入れてください。しっかり水カビを撤去することができないと、水カビはまた発生します。

 

 

1〜2週間ぐらい水につけて、また水カビが発生しないか確認して、発生していないようだったら、水槽に戻してください。また、水カビが発生してしまった場合はもう1度歯ブラシで流木を磨いて、水につけて様子を見てください。

 

何度か繰り返していると、流木からの灰汁も抜けるので水カビが発生しなくなります。

 

流木の灰汁抜きの方法はこちらの記事に書いているので、流木の灰汁を抜くためにはこちらの記事を読んでみてください。『流木の灰汁を抜くにはどうしたらいいのか?流木の灰汁抜きをする方法を紹介

 

 

 

餌の食べ残しや流木のあくからカビは発生してしまうので、流木にカビが生える人はあく抜きをして、餌の食べ残しにカビが生える人は与える餌の量を少なくしましょう。

 

 

 

もし、水槽内に水カビが発生してしまって、飼っている熱帯魚が水カビ病になってしまったら、ピンセットで取れる水カビはとって、薬浴させてください。薬剤はグリーンFがオススメです。

 

関連記事

ブラインシュリンプを孵化させる方法とブラインシュリンプを与えるときの注意点を紹介!!

稚魚を飼育する場合は、ブラインシュリンプを与えたほうがいいってよく聞きますよね。稚魚などにブラインシ

記事を読む

流木のあくを抜くにはどうすればいいのか?流木のあく抜きを簡単にやる方法を紹介

      プレコは流木を食べるので、プレコ

記事を読む

no image

水カビ病になったらどうしたらいい?水カビ病の治療方法を紹介

水カビ病になると魚の体に白い綿のようなものがつきます。水質の悪化や怪我などで飼っている魚が弱ってしま

記事を読む

アクアリウム初心者でも飼える飼育が簡単なエビを紹介!!

エビは熱帯魚と混泳させることができます。一緒に飼育する熱帯魚によっては食べられてしまうことも

記事を読む

インペリアルゼブラプレコが安く購入するには?格安で購入する方法を紹介

インペリアルゼブラプレコを購入しようと考えていても、値段も高いのでなかなか手が出なかったりします

記事を読む

稚魚の餌に最適!!ミジンコの繁殖方法を紹介!!

    ミジンコは採取するだけじゃなくて繁殖させることができ

記事を読む

流木が浮いてしまってうまくレイアウトできい時の正しい対処法を紹介

    せっかく流木を買ってきたのに、水槽に入れてみたら浮い

記事を読む

小型水槽で飼育できるオススメの熱帯魚を紹介!!

30㎝キューブ水槽などの小型水槽はとても人気の高い水槽です。身近な癒しアイテムとしてとてもオススメで

記事を読む

no image

ブラインシュリンプを与えるメリットとは?ブラインシュリンプの使い方などを紹介

ブラインシュリンプって知ってますか?ブラインシュリンプはシーモンキーなどの仲間で、とても小さなエビの

記事を読む

ベアタンクで飼育するのメリットとデメリットを紹介

      プレコを飼育するには、ベアタンク

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


水草のトリミングとメンテナンスの方法を紹介!!

水草を綺麗に育てるにはトリミングがかかせません。トリミングをし

水草を綺麗に育てるために必要な肥料の追肥方法を紹介!!

水草を綺麗に育てる場合は肥料が必要です。水草を綺麗に育てるため

レッドビーシュリンプの特徴と飼育方法を紹介!!

レッドビーシュリンプはエビの中でも見た目が美しくとても人気の高

安全に水槽を置くために大切な水槽台について紹介!!

水槽をメタルラックやテレビ台などの家具の上に置く人もいると思い

小型水槽で飼育できるオススメの熱帯魚を紹介!!

30㎝キューブ水槽などの小型水槽はとても人気の高い水槽です。身近な癒し

→もっと見る









PAGE TOP ↑