*

小型水槽で飼育できるオススメの熱帯魚を紹介!!

公開日: : 最終更新日:2017/05/05 未分類

Pocket


30㎝キューブ水槽などの小型水槽はとても人気の高い水槽です。身近な癒しアイテムとしてとてもオススメです。今回の記事では、小型水槽で飼育できるオススメの熱帯魚を紹介します。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

小型水槽は簡単に設置することができるので、熱帯魚を飼ったことがない方や女性の方などに大変人気の高い水槽です。

 

 

入る水の量も少ないので、メンテナンスも楽なのでアクアリウム初心者の方にはとてもオススメです。ただ、水量が少ないので水質の維持が大変です。

 

小型水槽を使う場合は水質のチェックを小まめにやって水換えをちゃんとしておく必要があります。30㎝のキューブ水槽より小さくなると水量が少なすぎて水質を維持するのが難しくなるので注意してください。

 

 

今回の記事では小柄水槽で飼育できるオススメの熱帯魚を紹介するので、小型水槽を設置しようと思う方はぜひ読んでみてください。

 

 

それでは、小型水槽で飼育できるオススメの熱帯魚を紹介します。

 

 

 

 

1、カージナルテトラ


(熱帯魚)カージナルテトラ(ブリード)(20匹) 本州・四国限定[生体]
カージルテトラは熱帯魚の代表的な種類の魚です。

 

背中の部分はブルーで、お腹の部分はレッドでとても綺麗な魚です。水質の変化に非常に強いので、初心者の方でも飼育がしやすい種類です。

 

 

群れを作って泳ぐ習性があって、群泳している姿はとても鮮やかです。安心できる環境だと群泳しなくなってしまうので、群泳させたい場合は他の魚と一緒に飼育するのがいいと思います。

 

値段も安く、20匹で1000円前後で販売されていて、水槽を立ち上げた時のパロットフィッシュとしても最適の魚です。

 

 

 

 

2、ネオンテトラ


(熱帯魚)ネオンテトラ(20匹) 本州・四国限定[生体]
ネオンテトラはカージナルテトラと並んで人気の高い種類の熱帯魚です。

 

見た目はほとんど同じですが、ネオンテトラの方がお腹の赤い面積が狭く、体もネオンテトラの方が小さいです。

 

 

体が小さいので多くの数のネオンテトラを飼育することができます。

 

カージナルテトラと同じで、性格もおとなしく飼育も簡単なので、アクアリウム初心者の方でも簡単に飼育することができます。

 

値段はネオンテトラの方が安く、40匹で1300円前後で飼育することができます。値段も安いので、ネオンテトラもカージナルテトラと同様にパロットフィッシュとしてよく飼育されています。

 

 

 

 

3、アフリカンランプアイ


(熱帯魚)アフリカン・ランプアイ Sサイズ(10匹) 本州・四国限定[生体]
アフリカンランプアイは体長が3㎝ぐらいまでしか成長しないとても小さな熱帯魚です。

 

目が青く光っていることからランプアイと呼ばれていて、群れで泳ぐ姿がとても美しい熱帯魚です。水槽のライトをLEDにするととても綺麗に光ります。

 

 

値段も20匹で1500円前後と安いので初心者の方でも飼育しやすいです。性格もおとなしいので他の熱帯魚と混泳させることもできます。

 

ただ、体が小さいので口に入るサイズの魚と混泳させると食べられてしまうことがあるので注意してください。

 

 

 

 

4、ゴールデンハニードワーフグラミー


(熱帯魚)ゴールデンハニー・ドワーフグラミー(3匹) 本州・四国限定[生体]
ゴールデンハニードワーフグラミーはグラミーの中でも小型で、性格もおとなしいので飼いやすい種類の熱帯魚です。

 

 

原種のハニードワームグラミーも人気の高い種類です。

 

値段は1匹300円前後と安いので初心者の方でも飼いやすいと思います。水質の変化にも強く体も丈夫なので飼育も簡単です。

 

グラミーには、他にもチョコレートグラミーなどの小型の種類もいますが、気性が荒いので小型の種類でもグラミーを購入する場合は注意してください。

 

 

 

 

5、コリドラス


(熱帯魚)お一人様1点限り コリドラス・パンダ(5匹) 本州・四国限定[生体]
コリドラスも飼育がしやすいのでとても人気の高い種類の熱帯魚です。

 

コリドラスは模様や形が様々で、種類がとても豊富で100種類以上が存在しています。

 

コレクション性がとても高い種類の熱帯魚で、見た目もとても可愛いので、色々な種類のコリドラスを集めている方もたくさんいます。

 

 

水槽の底を尻尾を振って一生懸命泳いでいる姿は可愛く、土を掘りながら餌を探す姿も可愛い、とても愛らしい熱帯魚です。

 

 

土を掘りながら餌を探すので、水草を植えていると水草を掘り返してしまうので、抜けやすい水草は設置しないようにするのがいいと思います。

 

 

 

6、トランスルーセントグラスキャット


トランスルーセントグラスキャット(約3-4cm)<2匹>[生体]
トランスルーセントグラスキャットはナマズの仲間で、透明の体で骨と内臓が透けているのが特徴的な熱帯魚です。

 

今回紹介した熱帯魚の中では水質の変化には弱いので、飼育する場合は水質の悪化には注意してください。

 

トランスルーセントグラスキャットはナマズなので夜行性です。昼間や明るいときは水草の影などに隠れてしまいますが、数匹いれば水槽のアクセントになるのでとてもオススメの熱帯魚です。

 

 

おすすめの飼育セット

ジェックス グラステリアスリム450 6点セット

エーハイム クラシックフィルター2213 ろ材付セット

関連記事

流木拾いに行くときに気をつけて欲しい3つのことを紹介

      アクアリウム用の流木ってちょっと

記事を読む

no image

石を使ったかっこいい水槽のレイアウトの作り方を紹介

水槽のレイアウトってどうしたら良いのか迷いますよね。ただ流木を入れているだけでは何だか寂しい感じもし

記事を読む

アクアリウム初心者でも簡単に飼えるミナミヌマエビの飼育方法を紹介!!

ミナミヌマエビはエビの中でも飼育が簡単な種類です。小型の熱帯魚と一緒に飼育することができるので、水槽

記事を読む

インペリアルゼブラプレコが安く購入するには?格安で購入する方法を紹介

インペリアルゼブラプレコを購入しようと考えていても、値段も高いのでなかなか手が出なかったりします

記事を読む

no image

水カビ病になったらどうしたらいい?水カビ病の治療方法を紹介

水カビ病になると魚の体に白い綿のようなものがつきます。水質の悪化や怪我などで飼っている魚が弱ってしま

記事を読む

稚魚の餌に最適!!ミジンコの繁殖方法を紹介!!

    ミジンコは採取するだけじゃなくて繁殖させることができ

記事を読む

no image

流木を使ってかっこいいレイアウトを作りたい人へ3つの注意点を紹介

  アクアリウムをやっていると、水槽のレイアウトをもっと格好良くしたいって思

記事を読む

no image

ブラインシュリンプを与えるメリットとは?ブラインシュリンプの使い方などを紹介

ブラインシュリンプって知ってますか?ブラインシュリンプはシーモンキーなどの仲間で、とても小さなエビの

記事を読む

ミジンコってどうやって採取するの?ミジンコを簡単に採取する方法を紹介

      ミジンコは餌としていろいろな魚に

記事を読む

水槽に水カビが!水槽内に水カビが発生してしまった時の正しい対処法を紹介!!

水カビが出てしまうと大変ですよね。水カビの原因のほとんどは新しく入れた流木か餌の食べ残しです

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP ↑